美容業界別のお悩み

美容院経営
エステサロン経営
ネイルサロン経営

よくある事例

資金繰りがうまくいかない
多店舗化の失敗
帰郷して開業したが思い通りに集客できない
詳細はこちら

繁盛店にするために・・・

記帳アドバイザー
経営計画作成サポート
詳細はこちら

女性の視点だからできるアドバイス。

私は以前、大手の税理士事務所に勤務し、エステサロンやネイルサロン、美容院関係のクライアントを受け持っていました。時には自分自身も顧客になり、髪をセットしてもらうこともありました。
そうしたお付き合いの中で、「この部分にもっと頑張れば、このサロンはもっと伸びるのに」と思っても、税理士事務所に勤務している身では、そこまで自分が入り込んでアドバイス差し上げることはできませんでした。
そのようなことが重なるうちに、「売上や税金などの数字だけではない、一対一のお付き合いがしたい」と、強く思うようになりました。
そのためには、自分自身がフリーになる必要がありました。
独立開業したのは、「頑張る美容業を応援したい!」という、自分の思いを貫くためなのです。

一番大切にしていることは「わかりやすさ」です

一番大切にしていることは「わかりやすさ」です

税務・会計の世界は、ともすれば専門用語が飛び交い、一般の人にはわかりにくいものです。
「難しい数字の話をされてもわからない。もっと、自分たちの目線に立ってほしい」と、お客様は願っています。
そのため、お客様に数字の話をするときは、グラフで見やすくしたりするなど、わかりやすさに工夫を凝らしていています。
そして、美容業の経営者の方に「興味を持ってもらう」ことを心がけています。
なぜかといえば、「数字が読める経営者」のほうが、絶対に売上は伸びるからです。
お店の売上が伸びるように、いずれは、数字のことがわかる経営者になって欲しい。
自分で数字を追いかけられるように、成長して欲しいと、願っています。
私がお手伝いしたいのは、ただの帳簿の数字管理だけではありません。
クライアントのオーナー様が、経営者として成長するお手伝いをしたいのです。